Googleウェブマスター向けガイドラインとは

Googleは『ソフトウェア原則』の冒頭部分で、検索エンジンを含む全てのソフトウェアに於ける基本姿勢を示しています。

ウェブサイトを運営する私たちにとって最優先すべきはサイトを訪れるユーザーであることは言うまでもないことですが、より多くのユーザーに情報を届けたいと考えた時に切り離すことが出来ないのが「検索エンジンからの訪問」かと思います。ですが、その思いが強すぎるあまりに検索エンジンの基本姿勢から外れた過剰な取り組みをしてしまい、検索エンジンから制裁を受けてしまうケースがあります。特に市場規模の多くを占めるGoogleからペナルティを課された際の打撃はとても大きなものとなります。

当サイトはGoogleが掲げている『ウェブマスター向けガイドライン』を噛み砕き、解説するサイトです。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けする手助けになれればと思います。

Google では、オンライン ユーザーの利便性向上のために、さまざまな取り組みを行っています。近年、パソコン ユーザーの権利がますます軽視される傾向にあることに、深い懸念を感じています。スパイウェア、ポップアップ広告、アクセスしたサイトから異なるサイトへの強制誘導などを行うアプリケーションなどに関する問題が日々報告されています。

このような傾向は衰える気配を見せません。それどころか、悪化の一途をたどっています。インターネットのユーザー、広告主様、サイト運営者様にサービスと収益実現を提供する企業として、Google はこの問題に率先して取り組む責任を感じています。Google は、業界全体で取り入れるべきと考える一連の原則を掲げています。Google 自身も、配布するアプリケーションの開発にあたってはこのガイドラインに従うよう努めています。Google は、この原則が業界と世界中のユーザーにとって意味のあるものであると考え、現在はもちろん、今後のビジネス パートナー様にも、この原則を採用いただくよう奨励しています。この原則は、必然的に広範囲にわたります。ソフトウェアの作成と配布は複雑で、その技術は進化を続けています。そのため、有用なアプリケーションの中にも、この原則を完全には遵守していないものがありますし、ここには記載されていない不正な事例もあります。ここに記載する内容は出発点に過ぎず、インターネット ソフトウェアと広告の分野に焦点を絞りました。変化を続ける技術に対応するために、原則は随時更新する必要があると考えています。

出典:Google「ソフトウェア原則」

ウェブマスター向けガイドラインを遵守しよう

Googleが定めるウェブマスター向けガイドラインは

  • 一般的なガイドライン
  • 品質に関するガイドライン

の2項目にて構成されております。

一般的なガイドライン

サイトを作成してもGoogleに認識され、インデックスされなければ検索結果に表れることはありません。
Googleから評価され検索結果の上位に表示されるためには、この「一般的なガイドライン」を十分に理解する必要があります。

Googleウェブマスター向けガイドラインの「一般的なガイドライン」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。

品質に関するガイドライン

昨今猛威を振るっているGoogleからのペナルティに関するルールは、主にはこの「品質に関するガイドライン」に違反していることによるものです。様々な手法に関するルールが存在し、テクニカルで解釈が難しいものもありますが、ペナルティを受けてしまっては大きな打撃を受けることとなりますので、一つ一つ詳細に確認し理解していきましょう。

Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。