一般的なガイドライン

一般的なガイドライン

一般的なガイドラインで触れられている内容

ウェブマスター向けガイドラインは大きく二つの要素に分けて説明されており、その一つがこの『一般的なガイドライン』となります。

このサイトをご覧のみなさんは理解して日々のSEO対策に取り組んでいることと思いますが、再確認の意味で記載しますが、ある特定のキーワードで上位表示を狙う前提として、そもそも検索結果にヒットしなければ上位表示されようがありません。
また、検索結果にヒットする前提として、そもそもサイト内の各ページの存在をGoogleに認識されていなければ評価されようがありません。
そして、『ユーザーにとって有益な情報か』ということを重視するというのがGoogleの基本姿勢なので、訪問者が利用しやすくなければ評価されません。

ここで語られているのは、テクニカルな対策に取り組む以前の大前提を良く理解してもらいたいというGoogleからのメッセージと捉えるべき要素です。改めて内容を確認・理解し、ガイドラインを遵守してサイトの更なる活性化に取り組みましょう。

Googleがページを検出できるよう手助けする

こちらはGoogleにサイト内の各ページを的確に認識してもらうためのガイドラインとなります。
まずはサイト内の各ページの存在をGoogleにアピールして、評価対象となるために押さえるべきことが述べられている項目です。

Googleウェブマスター向けガイドラインの「一般的なガイドライン(ページ検出の手助け)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。

Googleがページを理解できるよう手助けする

こちらはGoogleに各ページ内の情報を的確に理解し評価してもらうためのガイドラインとなります。
いくらGoogleに存在を認識されたとしても、ページ内の情報をGoogleが理解できない仕様となっていては評価のしようがありません。
この項目では、Googleから適格に評価されるために押さえるべきことが述べられています。

Googleウェブマスター向けガイドラインの「一般的なガイドライン(ページ理解の手助け)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。

訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

こちらはユーザービリティにフォーカスしたガイドラインとなります。
様々なテクニックを駆使してページを作成していようとも、結局のところ訪問者が利用しやすくなければ高い評価を与えるべきではありませんよね。何故なら、如何に情報の中身が有益だったとしても、ユーザーが利用しやすくなければ、十分な情報が得られないのですから。
この項目はGoogleが全ての前提として考えている『ユーザー・ファースト』の理念のようなものとなります。

Googleウェブマスター向けガイドラインの「一般的なガイドライン(ユーザーへの手助け)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。