ペナルティと再審査リクエスト

ペナルティと再審査リクエスト

当サイトをご覧のみなさんは大きく二通りに分けられるかと思います。
一方はGoogleのガイドラインを十分に理解し、定められたルールに則りサイトを運営していきたい方で、他方はガイドライン違反によりGoogleよりペナルティを受けてしまった方かと思います。

ここではペナルティを受けてしまった場合にどういったことが起こり得るのかと、受けてしまったペナルティをGoogleに解除してもらうためにどういったことをしなければならないかについて触れたいと思います。

二段階でのペナルティ判定

Googleは大半の場合、まずスパム行為をアルゴリズムにて自動的に検出しています。
ある日、突然検索順位が下落し、自然検索経由での来訪が激減したために Google Search Console を確認したところ、Googleからのメッセージが届いていた…というケースもよくあります。

そもそも、ウェブマスター向けガイドラインを遵守したサイト運営をしてペナルティを受けないというのが望ましい形ではありますが、予期せぬガイドライン違反などによるペナルティも無くはないので、日ごろより Google Search Console を確認することをお奨めします。

手動による対策

中にはアルゴリズムで検出できないガイドライン違反もありますが、そういったサイトやページに対し、Googleは担当者が目視で審査し『手動による対策』を行っています。

この場合にもやはり Google Search Console の『手動による対策』ページに問題点の指摘が届きます。指摘内容に応じてガイドラインに違反している箇所を適切に修正し、Googleに再審査をリクエストし、問題が排除されていることが確認されれば晴れてペナルティから解放されることとなりますが、一たび手動による対策をされてしまうと、違反内容や量によっては数年に渡りペナルティ状態が続き、訴求したいキーワードでの検索結果からのユーザーの来訪が得られない期間が続いてしまうのも珍しくありませんので、ペナルティ・リスクを排除したサイト運営を心掛けていただきたく思います。

因みに手動による対策には

  • サイト全体の一致・・・サイト全体に影響のある対策
  • 部分一致・・・サイトの一部に盈虚うのある対策

上記の二種類の対策が表示されます。

また、『手動による対策』ページには

  • 理由・・・その対策が行われた理由。
  • 対象・・・手動による対策が行われる対象部分。最初に見つかった1,000件のみを表示。

が記載されますので、その内容を良く読み、可能な限り早期に対応してください。

一般的な手動による対策

Googleは一般的な手動による対策として以下の11項目を例示しています。

  1. ハッキングされたサイト
  2. ユーザー生成スパム
  3. スパム行為のある無料ホスト
  4. スパム行為のある構造化マークアップ
  5. サイトへの不自然なリンク
  6. 価値のない質の低いコンテンツ
  7. クローキング、不正なリダイレクト
  8. サイトからの不自然なリンク
  9. 悪質なスパム
  10. クローキングされた画像
  11. 隠しテキスト、キーワードの乱用

最低限これらの内容を十分理解し、手動による対策の対象とならないように注意しましょう。

出典:[手動による対策]レポート

再審査リクエスト

『手動による対策』によって検索ランキングが著しく下落したり、検索結果に全く表示されなくなってしまった場合、Googleからの通知を元にガイドラインに違反している要素を徹底的に排除する取り組みをすることとなりますが、怒り心頭のGoogleではあっても、反省し改心したサイトに対して仏心で接する考えも持ち合わせています。それが再審査リクエストです。

再審査リクエストはGoogle Search Consoleから行うことが可能で、ガイドラインに準拠していかった箇所をどのように改善したのかを報告し、改めてサイトを審査してもらうための申請です。多数のリクエストを受けているためか、申請から数日後にGoogle側にて審査が行われます。
再度サイトを確認した後にガイドラインに違反している箇所が改善されていれば『手動による対策』は削除され、改善が不十分と判断された場合はリクエストが不承認となり状況は変わらないままとなりますので、Googleからの警告は真摯に受け止め、適切に対処することを心掛けましょう。

肝心なのは最初から『手動による対策』を受けないことですので、ウェブマスター向けガイドラインをよく理解し、健全なサイト運営に取り組みましょう。