品質に関するガイドライン

品質に関するガイドライン

一般的な偽装行為や不正行為

品質に関するガイドラインでは所謂スパム手法全般に対する注意喚起がされています。これまでのスパマーとの永い戦いからGoogleがアルゴリズムで対処できるようになった事項が記載されているといった感じでしょうか。Googleは以下のように述べています。

ここに記載されていない不正行為についても、Google で対応策を実施することがあります。また、このページに記載されていない行為が許可されているとは限りません。抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

とは言っても天下のGoogleも完全無欠ではなく、『悪』が先行し『善』が対策を講じるのが世の常。「自助努力で頑張っていきますが、素晴らしい世の中にしていくためには皆さんのご協力が必要です。お力添えのほどよろしくお願いします。」というのが以下のくだりでしょうか。

Google の品質に関するガイドラインに準拠していないと思われるサイトを見つけた場合は、スパム報告で Google にお知らせください。個別の不正行為対策を最小限に抑えられるよう、Google では拡張可能で自動化された解決方法の開発に努めています。Google では、すべての報告に対して手動による対策を講じるとは限りませんが、ユーザーへの影響度に応じて各スパム報告に優先度を設定し、場合によってはスパムサイトを Google の検索結果から完全に削除することがあります。

品質に関するガイドラインの基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

何気にここは肝ですね。元来、Googleは検索ユーザーに対して有益な情報を案内したいという基本姿勢で自身の検索エンジンの拡張に努めています。Googleの基本方針は至ってシンプルで

  • Googleで検索してくれるユーザーを欺くようなサイトは検索結果から排除する
  • Googleで検索してくれるユーザーにとってメリットがあるサイトを評価する
  • 他のサイトと差別化された魅力的なサイトを評価できるように改善を積み重ねる
  • Googleを欺き不当に順位を上げるような行為を見抜き対処できるよう対策を講じていく

といったところでしょうか。

具体的なガイドライン

具体的な禁止事項としていくつかの項目が挙げられています。解釈が難しいものもありますが、内容を租借しGoogleが意図するところを正しく理解し遵守してユーザーへの有益な情報発信に努めましょう。

引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン(コンテンツの自動生成)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。
Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン(リンクプログラムへの参加)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。
Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン(低品質なページの作成)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。
Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン(クローキング)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。
Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン(不正なリダイレクト)」に関して解説しています。Googleのガイドラインを十分に理解し、より多くのユーザーに有益な情報をお届けしていきましょう。